2016年12月18日日曜日

【外部変形】LP_COUNT/LP

Jw_cad用外部変形「LP_COUNT/L_LIST」は、ソリッド図形の面積、線の長さ、円・点・文字の数を集計し、CAD上での積算業務を省力化するソフトウエアです。

  LP_COUNT/L_LIST  Ver.1.52     download

LP_COUNT はレイヤ・線色・線種・線幅ごとに分類して、線データの総延長とソリッドの面積及び円・点・文字の数を表示します。

L_LIST は、レイヤ・線色・線種・線長ごとに分類して、線数を表示します。

Jw_cad 上でレイヤ名称を設定しておくと、レイヤー番号の代りにレイヤー名で出力されますので、データ分類が簡単にできます。

集計結果はクリップボードにコピーされるので、エクセルなどで貼付編集できます。




Ver.1.5 → Ver.1.52 の変更点

 ・ Ruby 1.9 以降に対応。
 ・設定内容が反映されない不具合の修正。
 ・円計数でSXF線色が正しく処理されない際の不具合を修正。
 ・L_LIST でSXF線色が正しく処理されない不具合を修正。



  1. インストール

  2. lp_count152.zip をJw_cad をインストールしたフォルダに展開します。

    この外部変形は mswin32 版 Ruby を前提に書かれています。 こちらのページなどを参考にあらかじめ Ruby のインストールをお願いします。



  3. 集計方法と表示の設定

  4. Jw_cad のメニューの外部変形から、LP_COUNT.bat を起動します。

    [②設定(R)] をクリックすると、右の設定画面が表示されます。

    データの集計に使用する分類方法にチェックボックスを入れておきます。

    表示欄で集計結果を表示する文字種を設定します。 行間は、1行の改行幅が文字高さの何倍になるかを設定します。 1.0 で行間ゼロになります。

    分類を更に細かく行いたい場合には、「線種を設定した名前で置き換える」機能を利用できます。 例えば、巾木レイヤの中で線色毎に「木巾木」や「ソフト巾木」などを設定しておくと、分類の階層を使うことができます。




  5. LP_COUNT による集計


  6. 配布ファイルに同梱の sample1.jww は、布基礎の配筋と型枠の拾い出しに利用するデータのサンプルになります。

    各データは、レイヤ毎に描き分けています。 布基礎レイヤでは、型枠高さによって、線色を変えています。 また、縦筋レイヤでは、配筋の太さによって点色を変えています。

    データが用意出来たら、Jw_cad のメニューの外部変形から、LP_COUNT.bat を起動します。

    [①集計(L)] をクリックして、データをすべて選択し、[選択確定] をクリックします。
    集計結果リストを表示する位置をクリックすると集計が始まります。

    結果が表示されたら、Excel で貼付けを実行すると同じデータが貼付けされますので、縦筋の長さなどを入力して材料使用量の計算や、単価を入力して原価の計算などに使用できます。


2 件のコメント:

  1. ありがとうございます ペコ(o*。_。)o

    返信削除
  2. うにょさん、どもども。 うまく動いたようで何よりです。

    返信削除